ヒロシマの証言

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

「声なき声」ということばがある。「声なき声」さえなかったのが二十四年前の広島市民であった。その時の広島、そこには死と絶望と、それを蔽う暗黒の「無」だけがあった。この広島の悲惨事は筆にもことばにも述べつくせるとのではない。(序より)

第一編 被爆体験
第二編 被爆者と市民の生活史
第三編 被爆者救援と平和への努力


五味伸之です。記憶の扱い方の演劇を作っています。
この本は、広島は「プレイバックシアター ゆめみるきかい」という公演を行う時に読んだものです。
その時参加した、広島演劇祭は「これまでとこれから」という、過去と未来を考えるテーマでした。

観客の体験した出来事をその場で再現する演劇:プレイバックシアターで、広島のこれまでとこれからを考える。広島育ちの僕にとって、「原爆」ということはどうしても考えることでした。
是か否か、僕は徹底的に否です。
近年、
被爆者の方々が次々にお亡くなりになり、実際的な核の脅威というものを感じる日々です。
今の不穏を壊すためだけに愚かな選択はしたくないものです。

これまでと、これからを考えるのにいかがでしょうか?

昭和44年8月6日第1版第1刷発行
広島平和文化図書刊行会編

古本の状態:普通〜悪目

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する